2009年04月29日

久しぶりに文章

クトゥルフの元ネタはよんだことない海月歩空です。こんばんは。

しふぉんではよく文章を書いていた……というかあんなに元気にかけていたのは奇跡的、という感じなのですが、不意に面白いネタを見かけたので、私ぱろってみました。

――――――――――――――――――――――――

 私が空腹に耐えかね暗い森の中で倒れ込んでいると
中空から唐突に出現した深紅に染まる服を着た生命体。
 自分の顔をもぎ取るという生物として冒涜的な行為
を行いながら私を嘲り笑う。
「ぼくのかおをおたべ」
 私に差し出したのは彼……と呼んで良いのだろうか、
その身体の一部分。それを食べてしまえば、私は彼の
眷属として生きることとなってしまうだろう。
 なんてことだ。空腹の中で死んでしまうか、それを
受け入れるかしかないなんて。しかし、食べてはいけ
ない。食べては……。
「ぼくのかおをおたべ」
 迫り来るその生命体は顔の形を歪めることなく、更
に頭を毟り取る。深淵をのぞき込んでいるようなその
瞳をのぞき込んでいると空腹で死ぬ選択肢はあり得な
い思いにさせられてしまう……。ああ……。だめだ…
…。もう……たべ……。


                 かばおの日記


――――――――――――――――――――――――

というわけで、クトゥルフ風アンパンマンでした。

何となく嫌な感じが出たかな? とか思ったりします。
文章書くの楽しい!
posted by 海月歩空 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 文章

2009年04月16日

多重人格分析

日記の書くネタがなくなったときは、占い系だよね! 海月歩空です。

テレビ見ていたら、面白い占いをやっていたので、やってみました!
多重人格分析
海月歩空さんが100人の村だったら的な、そんな感じの占いです。
つまりは、私の中にいる天使さんと悪魔くんが、
悪魔「あのお金、ねこばばしてもばれねえよ」
天使「いけません。同じリスクならもうちょっと高いものを狙うべきです」
というように言い合いを……あれ?
と、ともかく、そんな私の中にいる人たちを見てみました。

海月歩空さん。あなたの中の他人はこんな人達です。

海月歩空さんの事の中に居る55人はどいう訳かハードボイルド風味な人達です。
海月歩空さんの事の中に居る16人は今日こそアレを言わなければ!な人達です。
海月歩空さんの事の中に居る11人は善人ぶりは正直疲れね?と思う人達です。
海月歩空さんの事の中に居る7人は健康オタでもいいじゃんよと思う人達です。
海月歩空さんの事の中に居る6人は自分結構イケてる!と思いたい人達です。
海月歩空さんの事の中に居る3人はすぐ卑屈になって考えすぎる人達です。
海月歩空さんの事の中に居る1人はもっと社会に貢献したい人達です。
海月歩空さんの事の中に居る1人はもっと尽くたい気持ちで一杯な人達です。


海月歩空さんのいい人はマイノリティすぎます……。
私っぽくない大多数な人たちは、ハードボイルドなんで前に出てこないから、やっぱり私っぽくない感じ。
中盤グループが私が思う私かな! ちょっと、嫌だけどしょうがない!

そんな、究極の引き籠もりになるのが夢な海月歩空さんでした。

……うん、占い、なかなか楽しい!
posted by 海月歩空 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月01日

スクリプトのこと・その3

肩こりがひどいので、アンメルツが手放せられない、海月歩空です。こんばんは。

いつもいっているところでevalはいやだなぁ、という話を読んで、前回は、eval以外の方法でやってみよう、ということを考えてみました。
しかし結果は、直接ファイルを読み込むのと同じ意味合いになってしまいましたね、ということでした。
つまりは、再評価をしている時点であんまり変わらない、という感じでしょうか。

で。
ここ最近見てみると、その記事のコメントで、プリプロセッサ談義が花を咲かせている模様なので、私はlimechat2&javascriptで作るならと考えてみました。
考えた結果、コメントにするには思ったより長くなったのと、最近ダイスのネタをまとめられない(次回は六門か何かにする予定)ので、せっかくだからと記事にさせてもらいました。
かってしてます、ごめんなさい!

さてさて、プリプロセッサはざっくり言えば、ファイルを読み込んだり文字列を置き換えたり、条件によってソースを消したり出したりして、プログラムコンパイル用にいろいろやってくれるようなものですね。
つまり、通常のファイルに、”ここにこんなソース書いて欲しいなー”と言う印を付けておいて、置き換えるようにしておけば、インクルード風味のものができるわけです。
たぶん実際にも、インクルードって言うものはそんなものだと思わなくもないです(あやふやな表現ですね)
というわけで、プリプロセッサ風味に、実行すると置き換えるjavascriptをつくるのでしたら、単純な方法としてrepleceを使う方法があります。
例として、”/*test test*/”というコメントをソースに置き換えてくれるスクリプトを作成しましょう。


base.txt(ソース読み込み用元ファイル)

/*test インクルードコメントtext関数取り込み test*/
try
{
log(test());
}
catch(e)
{
log("プリプロセッサ風味の実行失敗");
}


test.txt(ソース置き換え用元ファイル)

function test()
{
return("プリプロセッサ風味の実行成功!");
}


preprocessor.js
//ソース読み込み用元ファイル
var fileObj = openFile("base.txt");
var baseStr = fileObj.readAll();
fileObj.close();

//ソース置き換え用元ファイル
var fileObj2 = openFile("test.txt");
var testStr = fileObj2.readAll();
fileObj2.close();

//置き換え(肯定先読み置換) "/*test〜test*/"を置き換え。
var overStr = baseStr.replace(/\/\*test.*(?=test\*\/)test\*\//g, testStr);
//書き込み
fileObj = openFile("output.js", false);
fileObj.truncate();
fileObj.write(overStr);
fileObj.close();


これで、preprocessor.jsを実行すると、output.jsに以下の感じで出力されます。

output.js
function test()
{
return("プリプロセッサ風味の実行成功!");
}

try
{
log(test());
}
catch(e)
{
log("プリプロセッサ風味の実行失敗");
}


書き換える度に、コンパイル的なことをしないといけないので、インタプリタの強みが無くなってしまうのけれど、別方向からのインクルードというならこういう形でしょうね。
ちなみに、なぜ肯定先読みしているかといわれれば、ただの好みですが、なにが入る予定、というコメントをかけるのがいいのでこういう形にしました。
それと、なんでコメント? 実行失敗したら結局変わらないのに、とかは、気持ちの問題というか、エディタでコメントの文字色が変わるような設定にしているからというか、そんな感じです(アバウトすぎです)
置き換えだと、ソース以外に、定数も定数風味に文字列を書いておいて、置き換えで数字や文字列にすることで使用できますね。
以上、プレコンパイル的javascript作成方法のひとつでした。


さてちなみに。
わざわざインクルード風味で行わなくても、くっつければいいじゃない、linuxならcatで、という風に言いましたが、windowsなら、typeコマンドでできることをご報告しておきます。
コマンドプロンプトで、”type a.txt b.txt >c.js”というようにすれば、楽ちん。
コピペコマンド風味ですけれど、これもまたひとつの方法になりますね。
posted by 海月歩空 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラム